プロフィール.

はっさく

Author:はっさく メモ

カレンダー.

カテゴリー.

  • SDR(64)
  • FZ6(21)
  • Udon(78)
  • etc(44)
  • Enjoy(94)
  • Entertainment(136)
  • Gadget(27)
  • Mac(18)
  • Personal(9)
  • motoGP(9)
  • 未分類(0)
  • FC2(39)
  • FC2 プラグイン・サポート(14)
  • お引越しツール20080312(本当は未分類)(3)
  • ブログ(20080312インポート使用)(3)
  • 検索結果(0)

サブカテゴリー.

最近のコメント.

リンク.

携帯は こちらから.

QRコード
メールで友達に教える
(携帯ブラウザで開きなおすにも....)
fc2 icon

「最近投稿されたエントリー」にも、隠しiframe構造にてカテゴリーを追加しました。表示は、デフォルトテンプレートのみです。
フォーラムのネタ元

テンプレート
<!-- ▼最新のエントリー -->
<h3>最新のエントリー</h3>
<ul class="benri_navi_ul">
  <!--recent-->
    <li>
      <a href="<%recent_link>" title="<%recent_title>" id="recItm<%recent_no>" ><%recent_title> (<%recent_year>/<%recent_month>/<%recent_day>)</a>
    </li>
    <iframe id="recFrm<%recent_no>" class="work_frame" src="<%url>?template=33_recent&no=<%recent_no>"><%recent_no></iframe>
  <!--/recent-->
</ul>
<!-- ▲最新のエントリー -->

隠しiframeのテンプレートの主要部
<!--topentry-->
<div id="cat"><%topentry_category></div>
<!--/topentry-->

<script type="text/javascript"><!--
 var strNum=location.href.split('no=')[1];
 var elmParent=parent.document.getElementById('recItm'+strNum);
 if(elmParent){
   elmParent.innerHTML='['+document.getElementById('cat').innerHTML+']&nbsp;'+elmParent.innerHTML;
 }
//-->
</script>
スポンサーサイト



fc2 icon

iframeを用いて新着マークを追加する方法は、以前紹介しました。
しかし、必要なデータを取得する隠しiframeをただのindexで呼び出していたため、「記事(ページ別)」の表示数の分しか、カテゴリ/ユーザータグに新着マークが付きませんでした。つまり、1記事/ページ表示としていると、1つしか新着マークが付きません。

そこで「<!--recent-->~<!--/recent-->」を用いて、最新記事一覧ベースに変更しました。

む?...ひょっとして、「全ての記事のタイトルモード」<!--titlelist-->~<!--/titlelist-->の方が独立性が高かったかな...
いやいや、タイトルモードでは、ユーザータグが取得できないんだよ...取得するなら、さらにiframeを開かないといけない...

最新記事一覧の個数を超えた記事の分まで、新着マークがほしいってのは、矛盾を感じるので...この仕様でいきます。運用で対応してください。


fc2 icon

先日から、なんとかGoogle AdSenseの検索機能をfc2blogに導入してきました。
検索結果を表示する画面に、uriがクエリータイプでないものを採用したかったので、当初、記事(/blog-entry-xx.html)としました。

それは、当初、左カラムを残して記事の枠に入れようとしたためですが、検索結果が幅広(790px)で、納まりません。
そこで方針を換えて、結果画面では、全カラムを消して、そこに検索結果を表示する方式にしました。スクロールバーでは、見難いですからね。

#この方式だと、カテゴリー毎にテンプレートを変更した、stylekeeperカスタムも機能するし...(^o^)


下のcssと独自変数の組み合わせで実現します。

スタイルシートは、↓を仕込みます(検索結果を表示するカテゴリーNoは54)
.close_cat54{display:none;} /*検索結果のとき、非表示*/
.close_every{display:none;} /*検索結果以外、非表示*/
.open_cat54{display:block!important;}  /*検索結果のとき、表示*/

検索結果画面で消したいブロック
<div class="close_cat<%cno>">~</div>

検索結果画面で表示したいブロック
<div class="close_every open_cat<%cno>">~</div>

カテゴリ毎に画面を変更する場合に使えるtipsだと思います。